Synamon’s Engineer blog

Synamonでは、VR空間に複数人が同時に接続可能で、多彩な標準機能を搭載している『NEUTRANS』という独自のVRシステムを開発しています。ビジネスなどの現場でも使いやすいよう、独自の機能や技術を日々追究しています。このブログでは、『NEUTRANS』開発の裏側にあるVR技術と、それを支えるUnityやC#といった技術の話を書いていきます。

xR (VR / AR / MR, etc.) の標準仕様OpenXRについて調べてみた

はじめに 株式会社Synamonでエンジニアをしております,久能 (@do_i_know_it) と申します. VRコンテンツを開発していて一番大変なのは,アプリケーションをOculusやSteamVRなど複数のプラットフォームに対応する,新しいデバイスに対応するなどの作業だと思…

ReorderableListのすすめ

はじめに こんにちは。 株式会社Synamonでエンジニアをしております、渡辺(@mochi_neko_7)と申します。 本記事のテーマは、UnityのEditor拡張のひとつである、「Reorderable List」になります。 通常の配列やリストのUnityEditor上でのGUIは、以下のように…

UnityアプリをRiftからGo/Questへ移植する人向けのTips集

こんにちは。株式会社Synamonでエンジニアをしております、岡村(@Sokuhatiku)と申します。 ついに本日5/21に、Oculus Questが発売されましたね!弊社にもまだ届いておりません!2019年6月2日追記:先週届きました!! Questはスタンドアロンデバイスであり…

PUN Classic → PUN 2アップデート手順覚書

こんにちは。株式会社Synamonのエンジニアの岡村(@Sokuhatiku)です。 今年の1月頃に、Gotanda.unity#10 というイベントがあったのですが、そちらに初登壇LT枠で登壇させて頂き、PUN2をお勧めして参りました。 最近、ようやく弊社内でとあるプロジェクトの…

LipSyncをDIYする(後編)

こんにちは。 株式会社Synamonでエンジニアをしております、渡辺(@mochi_neko_7)と申します。 本記事は synamon.hatenablog.com の後編になります。 まずは確認も含めて簡単に前編のおさらいをしましょう。 前編のおさらい リップシンクをするにあたって、音…

LipSyncをDIYする(前編)

こんにちは。 株式会社Synamonでエンジニアをしております、渡辺(@mochi_neko_7)と申します。 VRでは自分の好きなアバターになれるというのは大きな魅力の一つではないかと思いますが、せっかくのアバターも固い表情のままではちょっともったいないですよね…

Unity×Verdaccioで自作UnityPackageをバージョン管理する

Unity2018で搭載されたUnityPackageManagerに対し、Verdaccioを使って自作のパッケージをバージョンで登録し、簡単にバージョン管理を行えるようにする方法を紹介します。

100万ポリゴンのCADデータを3000ポリゴンにリトポする

こんにちは。株式会社Synamonで開発責任者(CDO)をしている西口([@nishiguchi3d])です。 みなさんはVRでCADのデータを見たいと思ったことはありませんか? Unityにインポートして表示させるだけなら大して難しくないですがやはり問題になるのがそのポリゴ…

メッシュ情報を焼いたテクスチャを使ってTexturePaintする

こんにちは。株式会社Synamonでエンジニアとして『NEUTRANS』の開発をしている岡村(@Sokuhatiku)です。今回は、過去のイベント参加時に作った、立体的なメッシュに対して自然なテクスチャペイントを行う手法を紹介します。 Unity内で立体的なメッシュ(キ…

Unity Package Managerに自作Packageを登録する方法

Unity2018で新しく追加されたパッケージマネージャー。2018年5月現在、自分で作ったアセットをパッケージとして管理する事は出来ませんが、裏技的な方法で半分くらいは目的を達成出来るようなので、やり方を纏めてみました。