Synamon’s Engineer blog

Synamonは「XRが当たり前の世界をつくる」ことをミッションに、未来づくりに挑戦しているXRスタートアップです。 toB領域をメインに、未来への取り組みや事業づくりにチャレンジしている企業様への支援や、XR・エンタープライズメタバース活用のユースケースづくり、継続的に使われるための仕組みづくりに取り組んでいます。 このブログでは、XR・メタバース技術とその周辺の技術、開発全般に関してエンジニアがお話しします。

Apple Watch(+α)のxR開発で使う座標系を調べた

エンジニアの岡村です。 先月、Synamon初のアドベントカレンダー企画を行いました(無事完走!)。その中で自分は仕事で触っていない技術へのチャレンジを行い、ほぼ初めてのSwiftとApple系デバイスを使った開発を行いました。 synamon.hatenablog.com 自分…

Unity2021でVRテンプレートを使ってOculusQuest2の開発環境を構築してみる

こんにちは、Synamon のエンジニアリングマネージャーの渡辺(@mochi_neko_7)です。 自分はエンジニアではあるのですが、肩書きにもあるようにここ1~2年くらいは開発以外の仕事(EM、採用)をすることがほとんどで、実は最近のバージョンのUnityを触れてい…

Synamon Advent Calendar 2021完走しました!

Synamon Advent Calendar 2021、見事完走!2022年もSynamon’s Engineer blogをよろしくお願いいたします!

UnityのTimelineを利用してGUIのトランジション効果を作ってみる

UnityのTimelineを使って画面遷移のアニメーションをコントロールする方法について記事に書いてみました

Addressable Asset System入門

最新環境(Unity2021.2)でのAddressablesシステムの紹介記事です。Addressablesの基本的な利用方法がわかります。

3Dモデリング未経験のエンジニアがBlender入門してみた

3Dモデリング未経験のエンジニアリングマネージャーが、Blender入門してみた記録です。

Netcode for GameObjectsでMobをスポーンさせる

Synamon Advent Calendar 2021の18日目の記事として、Netcode for GameObjectを利用してPlayerを追跡するMobをマルチプレイヤーで実現する方法についてまとめました。