Synamon’s Engineer blog

Synamonは「XRが当たり前の世界をつくる」ことをミッションに、未来づくりに挑戦しているXRスタートアップです。 toB領域をメインに、未来への取り組みや事業づくりにチャレンジしている企業様への支援や、XR・エンタープライズメタバース活用のユースケースづくり、継続的に使われるための仕組みづくりに取り組んでいます。 このブログでは、XR・メタバース技術とその周辺の技術、開発全般に関してエンジニアがお話しします。

AR Foundationでユニティちゃん召喚スマホアプリを作ってみた

AR Foundation完全に理解した

こんにちは!エンジニアリングマネージャーの佐藤(@unsoluble_sugar)です!

この記事はSynamon Advent Calendar 2021、9日目の記事です。

Unityで簡単なARスマホアプリを作るためにAR Foundationというフレームワークを使ってみたので、その概要と具体的なアプリ開発の手順をご紹介したいと思います。

youtu.be

この記事を見ながらAR Foundationを完全に理解すると、以下動画のようなユニティちゃん召喚スマホアプリが誰でも簡単に作れちゃいます。

youtu.be

AR Foundationとは

AR Foundationとは、Unity公式が提供しているAR(拡張現実)開発専用のフレームワークです。

unity.com

Unityに組み込むことで、Android、iOSモバイル端末のほか、Magic Leap、HoloLensといった装着型ARデバイス向けアプリのビルド、デプロイが可能となっています。

このAR Foundationを利用すると、異なるプラットフォーム間の差異を意識せず開発を行うことができます。

AR Foundation では AR プラットフォームを切り替えるときに現在利用できない機能を持って行くことができます。ある機能が一方のプラットフォームで有効になっているがもう一方で有効になっていない場合、後で準備ができたときのためにそれにフックを付けておきます。新しいプラットフォームでその機能が有効になったら、アプリを完全に一から再構築する代わりに、パッケージを更新することで簡単に統合できます。

Unity の AR Foundation フレームワーク | クロスプラットフォーム対応の拡張現実(AR)開発ソフトウェア | Unity

フレームワークが各プラットフォームの機能を吸収してくれるので、AndroidならARCore、iOSならARKit、といった別々の実装をする必要がなくなり、共通実装のみで完結できちゃうという最高なやつですね。

各プラットフォームごとの機能サポートについては、以下の表をご参照ください。

ARCore ARKit Magic Leap HoloLens
Device tracking
Plane tracking
Point clouds
Anchors
Light estimation
Environment probes
Face tracking
2D Image tracking
3D Object tracking
Meshing
2D & 3D body tracking
Collaborative participants
Human segmentation
Raycast
Pass-through video
Session management
Occlusion

About AR Foundation | AR Foundation | 4.1.7

環境

今回使用するUnityおよびAR Foundationのバージョンは以下のとおりです。

WindowsのUnity上でAndroid&iOSビルドができる状態、および実機スマホで動作確認ができる環境を前提に解説します。

動作確認端末

  • Android:Pixel 5(Android 12)
  • iOS:iPhone 12 Pro(iOS 14.8)

それではさっそく、AR Foundationを使ったスマホ向けARアプリ開発の手順を紹介していきます!

Unityプロジェクトの作成

まずはUnityを起動。3Dテンプレートを選択し、新規プロジェクトを作成します。

f:id:unsoluble_sugar:20211206230413j:plain

AR Foundationと関連プラグインの導入

PackageManagerを開き、以下プラグインをインストールしましょう。

  • AR Foundation
  • ARCore XR Plugin
  • ARKit XR Plugin

f:id:unsoluble_sugar:20211206230635p:plain

Project Settingsの設定

Project SettingsのXR Plug-in Managementにて、iOS&Androidビルド用に、各タブのARKitARCore項目にチェックを入れます。

f:id:unsoluble_sugar:20211206230725j:plain

f:id:unsoluble_sugar:20211206230749j:plain

Sceneの設定

Hierarchyで右クリックし、 XR > AR Session 、 XR > AR Session Origin を選択してオブジェクトを追加します。

f:id:unsoluble_sugar:20211206233341j:plain

f:id:unsoluble_sugar:20211206231354p:plain

オブジェクトの追加

AR Session OriginAR CameraというCameraコンポーネントが存在するため、Main Cameraは削除します。

f:id:unsoluble_sugar:20211206230910j:plain

動作確認用にCubeを追加。

f:id:unsoluble_sugar:20211206230934j:plain

Scaleがデフォルトの1ではデカ過ぎるので、10分の1の0.1にしておきます。

f:id:unsoluble_sugar:20211206230958j:plain

ここまでできたら、一旦スマホ実機でどんなもんか見てみましょう。

Androidのビルド設定

まずはAndroidから。

Build Settingsを開き、PlatformでAndroidを選択してSwitch Platformボタンをクリック。プラットフォーム切り替えには少し時間がかかるので、Twitterでも眺めながら待ちましょう。

f:id:unsoluble_sugar:20211206231556p:plain

Add Open ScenesボタンをクリックしてSampleSceneを追加します。

f:id:unsoluble_sugar:20211206231635j:plain

Minimum API LevelをAndroid 7.0 'Nougat' (API level 24)に設定します。これはARCoreがサポートしているOSバージョンが、Android 7.0以上1だからです。

f:id:unsoluble_sugar:20211206231657j:plain

Player Settings > Other Settings でAuto Graphics APIにチェックを入れます。

f:id:unsoluble_sugar:20211206231714j:plain

Androidアプリの64bit対応2のため、Scripting BackendをIL2CPPに変更し、Target ArchitecturesでARM64にチェックを入れましょう。

f:id:unsoluble_sugar:20211206232114j:plain

f:id:unsoluble_sugar:20211206232137j:plain

これでビルドが通るようになったので、試しに実機で動作確認してみます。

f:id:unsoluble_sugar:20211206233159j:plain

現実世界に豆腐が出現しました!

iOSのビルド設定

iOS向けにビルドする場合は、以下の設定を行ないます。

Build SettingsのPlatformでiOSを選択してSwitch Platformボタンをクリック。

f:id:unsoluble_sugar:20211207160233j:plain

そのままビルドすると「ARKitのCamera Usage Descriptionが設定されてないよ!」的なエラーが出ます。

f:id:unsoluble_sugar:20211207155550j:plain

Require ARKit Supportにチェックを入れると、連動してCamera Usage Descriptionにコメントが設定されビルドが通るようになります。

f:id:unsoluble_sugar:20211207160039j:plain

あとは出力されたXcodeプロジェクトをMacで開いて「ビルド実行どーん!」でAndroidと同じものが再現できます(Xcode上でのビルドエラー発生時は何やかんや対応入れて修正しましょう)。

平面検出機能の実装

とりあえずAndroid、iOSで簡単な実行確認ができたので、続いて平面検出の機能(Plane tracking)を試してみましょう。

Hierarchy右クリックでAR Defalut Planeを追加してPrefab化しておきます。

f:id:unsoluble_sugar:20211206233400j:plain

AR Session OriginAR Plane Managerを追加。Plane PrefabにPrefab化したAR Default Planeをアタッチします。

f:id:unsoluble_sugar:20211206233044p:plain

ビルド実行してスマホを動かしてみると、平面検出されることがわかります。

f:id:unsoluble_sugar:20211206233102j:plain

めちゃ簡単ですね。

タップでオブジェクト生成する

これだけだと簡単過ぎてつまらないので、平面領域をタップするとその場所にオブジェクトを生成するようなスクリプトを組んでみます。

AR Session OriginAR Raycast Managerを追加します。

f:id:unsoluble_sugar:20211206235533p:plain

ARManager.csというファイルを作成。以下のようなコードを書きます。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.XR.ARFoundation;
using UnityEngine.XR.ARSubsystems;
public class ARManager : MonoBehaviour
{
    [SerializeField] GameObject objectPrefab;
    private ARRaycastManager raycastManager;
    private List<ARRaycastHit> raycastHitList = new List<ARRaycastHit>();
    void Start()
    {
        raycastManager = GetComponent<ARRaycastManager>();
    }

    void Update()
    {
        if (Input.touchCount > 0)
        {
            Touch touch = Input.GetTouch(0);
            if (touch.phase != TouchPhase.Ended)
            {
                return;
            }
            if (raycastManager.Raycast(touch.position, raycastHitList, TrackableType.All))
            {
                Instantiate(objectPrefab, raycastHitList[0].pose.position, raycastHitList[0].pose.rotation);
            }
        }
    }
}

作成したARManager.csAR Session Originに追加し、Object PrefabにCubeのPrefabをアタッチ。Hierarchy上のCubeはお役御免なので削除しておきます。

f:id:unsoluble_sugar:20211207003431p:plain

この状態でビルド実行。平面検出された場所をタップすると、タップした場所に豆腐が出現するようになります。

f:id:unsoluble_sugar:20211207002643j:plain

何だかARアプリっぽくなってきましたね。

SDユニティちゃんを召喚する

豆腐を出現させるだけでは味気ないので、生成するオブジェクトをユニティちゃんに置き換えてテンションを上げましょう。今回はSDユニティちゃんの3Dモデル3をお借りします。 unity-chan.com

ユニティちゃん公式サイトからダウンロードしたSDユニティちゃんのUnityパッケージをimportします。

f:id:unsoluble_sugar:20211207003804j:plain

Assets > UnityChan > SD_unitychan > Prefabs > SD_unitychan_generic.prefab を使います。そのままだとデカ過ぎるので、Cube作成時と同じくScaleは0.1にしておきます。

ただしScale変更したものをそのまま使用すると、ユニティちゃんの髪が逆立ったり揺れものがめくれ上がったりしてしまうため、以下のような制御スクリプト4を書いてPrefabにアタッチします。

using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityChan;

public class Extention_SpringForUnityChan : MonoBehaviour
{
    const float resizeMag = 0.1f; //!< Resize number

    void ChangeRadius_Spring(GameObject go)
    {
        SpringCollider[] cs_sc = go.GetComponentsInChildren<SpringCollider>();
        for (int i = 0; i < cs_sc.Length; i++)
        {
            cs_sc[i].radius = cs_sc[i].radius * resizeMag;
        }
        SpringBone[] cs_sb = go.GetComponentsInChildren<SpringBone>();
        for (int i = 0; i < cs_sb.Length; i++)
        {
            cs_sb[i].radius = cs_sb[i].radius * resizeMag;
        }
    }

    void Awake()
    {
        ChangeRadius_Spring(gameObject);
    }
}

f:id:unsoluble_sugar:20211207010556j:plain

その他、ユニティちゃんPrefabにはポーズや表情変更用のUI表示スクリプトが付いています。今回はUI表示は不要なので、該当スクリプトの Is GUI チェックを外しておきましょう。

f:id:unsoluble_sugar:20211207010526j:plain

そんな感じで色々ごにょごにょしたユニティちゃんPrefabを、先ほどARManager.csのObject PrefabにアタッチしたCubeと差し替えます。

f:id:unsoluble_sugar:20211207010623j:plain

これでビルド実行すると、タップした場所にSDユニティちゃんが現れるARアプリの完成です!

f:id:unsoluble_sugar:20211207011545j:plain

若干検知が怪しい部分があり、変なところにユニティちゃんが出現することもありますが可愛いので許しましょう。

youtu.be

ダンスモーションやエフェクトなどをつけてあげると、より楽しくなりそうですね。

公式サンプルも参考に

Unity公式のAR Foundationサンプルも公開されているので、他の機能を試す場合は参考にしてみると良いでしょう。 github.com

これでAR Foundationを完全に理解しましたね。

皆さんも色々なアイディアを盛り込んで、オリジナルのARアプリを作ってみてください♪(๑•̀ㅂ•́)و✧

unity.com

最後に

本テックブログやnote記事のお知らせは、Synamon公式Twitterで発信しています。弊社の取り組みに興味を持っていただけましたらぜひフォローお願いします!

twitter.com

カジュアル面談も実施中ですので「詳しく話を聞いてみたい!」という方はチェックいただけると嬉しいです。

▼カジュアル面談はMeetyから   meety.net  

▼エントリーはこちら   herp.careers

Synamonアドベントカレンダーの他の記事もぜひご覧ください!

qiita.com