Synamon’s Engineer blog

Synamonはリアルとデジタルの融合を加速させるため、メタバース領域で法人向けにサービス提供を行うテックカンパニーです。現在開発を進めている「メタバース総合プラットフォーム」をはじめ、メタバース市場の発展に向けた事業展開を行っています。このブログでは、メタバース技術とその周辺の技術、開発全般に関してエンジニアがお話しします。

WindowとAndroidでNiantic LightshipのARDK Example Scenesをビルドする

WindowとAndroidでの組み合わせでNiantic light ship ARDKのサンプルシーンをビルドする為の手順を纏めます。
詳しくは公式のガイドを見て頂くのが良いかと思いますが、クイックスタートとして使えるメモ書きがあると便利だなと思い書くことにしました。

ビルド設定以外は駆け足で進めますのでご了承ください。

検証環境

  • Unity 2021.4.34f1
  • ARDK 1.1.0(ardk-1.1.0.unitypackage)
  • ARDK Example Scenes (ardk-examples-1.1.0.unitypackage)
  • Android11 (Xperia 1III)

手順

  1. Unityにて3Dプロジェクトを作成
  2. Build SettingにてPlatformをAndroidにSwitchします。
  3. ardk-1.1.0.unitypackageをImport(メニューより Assets > Import Package)
  4. ardk-examples-1.1.0.unitypackageもImport
  5. サンプルシーンを開く(例:Projectより Meshing > ARDKExamples > ContextAwareness > Meshing)
  6. マルチプレイ機能を使用するサンプルの場合はArdkAuthConfig.assetにライセンスキーを設定する(Meshingなどマルチプレイを伴わないサンプルでは不要)
  7. Build SettingにScenes In Buildにビルドするシーンを追加(既存でシーンが設定されている場合は外す)
  8. Project Settingの Player > Android > Other Setting を以下の様に設定します

f:id:Q1J011:20220126173812p:plain

設定が出来たらビルド! Android端末に入れて動作確認をしてみてください。

書き出してみるとそれほど複雑でもないですし、慣れればさくさく進められると思います。
公式のマニュアルも丁寧に書かれているので疑問点があればぜひ参考にしてみてください。

lightship.dev