Synamon’s Engineer blog

Synamonはリアルとデジタルの融合を加速させるため、メタバース領域で法人向けにサービス提供を行うテックカンパニーです。現在開発を進めている「メタバース総合プラットフォーム」をはじめ、メタバース市場の発展に向けた事業展開を行っています。このブログでは、メタバース技術とその周辺の技術、開発全般に関してエンジニアがお話しします。

Unity上で外部デバイスとの同期処理を行うための考察(デバイスセットアップ編)

はじめに エンジニアの松原です。ゲームや業務用アプリケーション開発以外にもライブ配信システムにUnityを利用するケースがあります。以前実験調査の際に、デバイス間での時間同期を取る方法が課題に挙がりました。 デバイス間の同期ズレをできる限り無くし…

スケーラブルなSelf-hosted Runnerを立ち上げるために"terraform-aws-github-runner"を使ってみた

こんばんは、サーバサイドエンジニアの黒岩(@kro96_xr)です。 今回は先週の記事で触れられていたterraform-aws-github-runnerの環境構築を行ったときの作業内容を書いていきたいと思います。 先週の記事はこちら synamon.hatenablog.com 構成図 先週の記事に…

AWSを使ったクラウドUnityビルド環境の構築~ビルドサーバー構築編~

エンジニアの岡村です。この記事は以前掲載した『AWSを使ったクラウドUnityビルド環境の構築~ライセンスサーバー構築編~』の続編であり、シリーズの2記事目です。 synamon.hatenablog.com 前回の記事ではEC2を使ってライセンスサーバーを作成したので、そ…

Unityの(New)InputSystemでBindingを好きにカスタマイズできるCompositeBindingsの紹介

はじめに こんにちは、エンジニアリングマネージャーの渡辺(@mochi_neko_7)です。 少し前まではマネジメントや採用を中心にやっていましたが、最近はUnityの開発をメインにやるようになりました。 今開発しているプロジェクトでは、Unityの新しいInputSyst…

AWSを使ったクラウドUnityビルド環境の構築~ライセンスサーバー構築編~

エンジニアの岡村です。 最近まで、弊社でのUnityを使ったクライアント開発では、社内の物理サーバーに立てたgitとJenkinsを使ってバージョン管理及びCIを行っていました。GitHubは主にサーバー開発に使われており、Unityのコードは検証用のような小さなもの…

Photon Realtimeのネットワーク上でNetcode for GameObjectsで作ったアプリケーションを利用してみる

はじめに エンジニアの松原です。最近はメタバース関連の話題をあらゆる媒体で見るようになりましたが、開発者目線ではメタバースでのインフラ部分で利用されているリアルタイムネットワークのクライアントやサーバーの設計が気になるところです。 プレイヤ…

エンジニアリングマネージャー目線で見るライブラリ技術選定の勘所

実務経験の浅い若手エンジニアさんや技術選定に苦労している開発チームの方々へ、ひとつの指標としてご参考いただければ幸いです。